生態工房とは活動について参加する支援する
生態工房とは
掲載記事・取材

記事タイトルをクリックすると、元記事をPDFで読めます
(PDFがないものもあります)


【2019年度】
東京おでかけ日和 光が丘 豊かな自然と現代美術に触れ
[2019年4月18日 信濃毎日新聞夕刊]

【2018年度】
わいわいレポート 井の頭公園の池底を歩く かいぼり、まるわかりツアー
[2018年4月30日 パルシステム東京機関誌 わいわい]
今月のキーワード かいぼり
[2018年6月4日 パルシステム東京機関誌 わいわい]
井の頭池 トンボ増 「かいぼり」効果か
[2018年8月22日 読売新聞武蔵野版]
さらば外来種 池の水抜き撃退
[2018年11月24日 日本経済新聞夕刊]
アカミミガメ 野外に放され農業・在来種に影響 環境省が輸入・飼育の規制検討
[2018年12月2日 朝日小学生新聞]
かいぼり効果 水鳥集う
[2018年12月8日 読売新聞]
ぶらりぶらり(吉祥寺) 魚を守る・釣る 共存の魅力
[2018年12月13日 朝日新聞多摩版]
浅場効果 水鳥間近に
[2019年1月16日 読売新聞武蔵野版]
井の頭公園のかいぼり 水質改善など報告 三鷹で市民ボランティア発表会
[2019年1月28日 東京新聞武蔵野版]
ブルーギル「根絶の可能性」 井の頭池かいぼり報告会
[2019年1月28日 読売新聞武蔵野版]
東京春秋 井の頭池 外来種を駆除
[2019年3月3日 読売新聞武蔵野版]
市民のWA 生態工房
[2019年3月 武蔵野市 季刊むさしの]

【2017年度】
絶滅懸念の淡水魚 シナイモツゴのすみか「守る」
[2017年4月14日 信濃毎日新聞県北版]
☆長野市のため池での保全活動に関する記事
井の頭公園100年 次世代に伝える
[2017年5月2日 東京新聞夕刊]
※ほか、井の頭恩賜公園100歳記念ウィークに関する記事多数
ミドリガメ のんびり駆除 「日光浴わな」広がる
[2017年5月9日 朝日新聞夕刊1面]
絶滅懸念の淡水魚 シナイモツゴ 生息環境守れ
[2017年6月7日 信濃毎日新聞県北版]
☆長野市のため池での保全活動に関する記事
池の復活事業に学会賞
[2017年6月16日 朝日新聞夕刊むさしの版]
☆井の頭池再生事業に関する記事
今昔まち話(井の頭池) 「将軍家の名水 復活へ試み」
[2017年8月26日 日本経済新聞夕刊]
各駅停話(大江戸線 光が丘) 「公園で守るすすき原っぱ」
[2017年9月13日 朝日新聞夕刊]
武蔵野茅原組合に関する記事
ECOツアーに行こう!! 「都立光が丘公園バードサンクチュアリ 都市公園で自然を学ぼう」
[2017年11月18日 クルマの情報専門紙 週刊Car&レジャー]
eco活「池の水抜いた 何がいた? 都市部で『かいぼり』外来種駆除」
[2017年11月21日 朝日新聞夕刊]
☆都立和田堀公園かいぼりに関する記事
井の頭池 水鳥繁殖増 かいぼりで水質改善
[2018年1月13日 読売新聞武蔵野版]
※ほか12−15日の各紙に、井の頭池かいぼりイベントに関する記事多数
「かいぼり」まず10池 都が方針、新年度予算案に経費2億円
[2018年2月21日 朝日新聞むさしの版]
☆当会スタッフによるコメントあり

【2016年度】
野生ミドリガメ 国内に800万匹 環境省が初の調査
[2016年4月23日 読売新聞朝刊]
※ほか、アカミミガメの生息数の推定と対策強化に関する記事多数
イノカシラフラスコモ 「絶滅」の水草復活 井の頭池 60年ぶり確認
[2016年6月24日 読売新聞武蔵野版]
※ほか、井の頭池に復活したイノカシラフラスコモに関する記事多数
達人に訊く! この夏、親子で行きたい 東京ネイチャースポット
[2016年6月27日 パルシステム東京機関誌 わいわい]
60年ぶり確認の藻類 展示
[2016年7月10日 朝日新聞むさしの版]
見る知る考えるずかん 「外来生物ずかん」
[2016年11月 ほるぷ出版]
☆取材・写真提供
わいわいレポート 生物多様性保全の取り組み 光が丘公園で外来植物抜き取り
[2017年1月17日 パルシステム東京機関誌 わいわい]
井の頭池再生へ かいぼり報告会 「在来生物 徐々に回復」
[2017年1月29日 朝日新聞むさしの版]
☆当会スタッフによるコメントあり
在来種を守り、武蔵野の自然を取り戻したい 認定NPO法人 生態工房
[2017年3月25日 ねりまNPOニュース]

▲ページのトップへ