生態工房とは活動について参加する支援する
外来生物防除
武蔵野地域におけるカミツキガメの繁殖確認
 当工房は、東京都の武蔵野地域において、カメ類の生息状況調査と外来カメ類の駆除作業を行っています。調査において北米原産の外来種であるカミツキガメがたびたび採集されており、また目撃情報も寄せられていました。
 これらの情報の中に、本種の繁殖を示唆するものがあったので、とりまとめて第52回 日本生態学会大会において発表しました。
 武蔵野地域においては、本種は定着の初期段階にあると考えています(たくさんはいないが、繁殖し始めている)。引き続き生息に関する情報を集めて随時公表していきたいと考えています。
カミツキガメ

◆カミツキガメに関する情報をお寄せください
確認年月日、場所、個体数、甲羅の長さ、行動(水中を泳いでいた、草地を歩いていた、など)、観察者名など、できるだけ詳しく教えてください。他の方から聞いた情報も参考になりますので、その旨お知らせください。
生態工房 eco@eco-works.gr.jp まで

東京都武蔵野地域におけるカミツキガメの繁殖▼
 (第52回 日本生態学会大会講演要旨/PDFファイル)

新聞記事 朝日新聞2005年5月6日▼
新聞記事 読売新聞(都内版)2005年5月17日▼
新聞記事 日本経済新聞 2005年5月30日▼