生態工房とは活動について参加する支援する
外来生物防除
掻い掘りによる外来魚駆除と普及活動
 ため池のような場所に生息しているオオクチバス(ブラックバス)などの外来魚を効率よく取り除く方法に、掻い掘りがあります。これは池を排水して魚を捕るという荒技で、上手に排水できれば、そこにいる大半の魚を捕らえ、または干し上げることができます。この方法は効率がよい反面、在来魚に対しても影響があるので、実施に当たっては在来魚を保全するための入念な準備が必要です。
 
ブルーギル
▲捕獲したブルーギル

◆光が丘公園バードサンクチュアリ池での掻い掘り(2001年)
 以下は、東京都立光が丘公園バードサンクチュアリ池において実施した、外来魚除去を目的とする掻い掘りの概要です。

【日時】2001年8月〜9月(排水、魚類採集は主に8月18日)
【排水方法】主にエンジンポンプを使用
【魚類の採集方法】池を干してたも網で採取
【除去した外来魚】
 ソウギョ、コイ、オオクチバス、ブルーギルなど
 計6,221個体(採集した魚類の約90%)
【保全した在来魚】
 ギンブナ、トウヨシノボリなど
 計703個体(採集した魚類の約10%)

 この掻い掘りは、「作業予測」と「普及活動」という2点がポイントでした。
保護飼育中のギンブナ  掻い掘りでは、水を抜いてみないとわからないことがたくさんあります。しかしやる前に情報が無いと、準備をし過ぎたり、足りなかったりして困ることになります。わからないなりにも、ある程度根拠のある予測をしておくことが大切です。今回の例では、事前の調査に基づいてに魚類の個体数を推定し、魚類の回収に係る人員や道具の数量、いけす容量の決定などに役立てました。
 外来魚の問題は、魚自体が悪いのではなく、それを釣りのために密放流してしまう人間の問題だと言えます。そうであれば、現に自然の中に拡散してしまった外来魚をいかに回収するかというのと同時に、これ以上密放流をさせないための普及活動が大切です。
 今回の掻い掘りでは、排水後に、市民が池に入って魚を捕る行事として行い、総勢94人が参加しました。在来魚の保全や外来魚の除去作業を体験し、自然を大切にする意識を育みました。
 また作業終了後は外来魚問題を解説する展示を製作し、施設を訪れた利用者の理解促進に役立てました。展示をした2年の期間に約60,000人の来場者がありましたので、相当な普及効果があったものと思われます。

 この事業は、排水工事を取り仕切る造園会社、魚の採集や記録を行う市民などと共に行われました。詳細は「生態工房年次報告書2001」に掲載されています。

年次報告書

◆掻い掘りの効果
 掻い掘りには、底泥を放出したり、池底を空気にさらして酸化させ、水質を保つ作用があります。こうして泥の堆積を防いで池を長持ちさせているのです。
 農業用のため池は、毎年このような作業を繰り返して池を維持し、かつ生物の生息地としての機能を果たしてきました。外来魚の存在の有無にかかわらず、少なくとも数年おきに掻い掘りを行うことが池のためになります。
 掻い掘りをすると、一時的に減少したり姿を消す在来種もいますが、長い目で見て環境保全につながるのであれば実施した方がよいでしょう。ただし、昔のように、ため池や用水路が豊富にあった時代には、ひとつの池を掻い掘りしても、生物がすぐに移り住んで回復しましたが、水辺が減少・劣化している現代ではそうはいきません。掻い掘りをする際には、魚類や水生昆虫などの避難場所や自然移入の可能性を検討し、在来種が回復できるように配慮することが大切です。