生態工房とは活動について参加する支援する
外来生物問題解説ボランティア育成講座
第一回 淡水ガメ情報交換会
無事終了しました。

2014年12月、東邦大学で第2回淡水ガメ情報交換会開催予定!

開催日:2014年2月8日(土)、9日(日) 終了しました!
会 場:神戸女子大学 須磨キャンパス
参加・発表資格:淡水カメの調査や研究をされている方、
         池や川の生き物や自然に興味・関心がある方
参加方法:こちらを参照してください
     参加費 一般3000円 学生1000円(当日参加可能)
         ※懇親会参加の場合、別途で懇親会費が必要です。

プログラム
  ◆プログラムの詳細はこちら◆(当日配付資料、pdf形式)

 2月8日(土) 
         1.日本における淡水ガメ(イシガメ科、スッポン科)の化石記録
           平山廉 氏(早稲田大学)
         2.日本産イシガメ科カメ類の系統と分類
           安川雄一郎 氏(高田爬虫類研究所沖縄分室)
         3.ニホンイシガメの生態と現状
           小菅康弘 氏(NPO法人カメネットワークジャパン)
         4.日本に生息するニホンスッポンの起源
           太田英利 氏(兵庫県人と自然の博物館)

            招待講演 ジェフェリー・ロビッチ博士
           北アメリカで研究を行なう、アカミミガメの権威。
           アカミミガメ本来の生態をお話いただきます。

 2月9日(日) 
         1.日本におけるカミツキガメの定着(仮)
           小林頼太 氏(新潟大学朱鷺・自然再生学研究センター)
         2.ミドリガメ、日本侵入の歴史
           渡辺潔 氏(富士電機情報サービス株式会社)
         3.アカミミガメ規制に向けた社会情勢
           片岡友美 氏(認定NPO法人生態工房)
         ほか、ポスター発表、口頭発表

主催:神戸市立須磨海浜水族園、認定NPO法人生態工房

<第1回淡水ガメ情報交換会の様子>



       講演会場の様子              Lovich 氏 講演


 小菅氏(NPO法人カメネットワークジャパン)講演      参加者の集合写真



第4回淡水ガメ情報交換会
▲2017年3月に開催された「第4回淡水ガメ情報交換会」の内容はこちら。

第3回淡水ガメ情報交換会
▲2015年10月に開催された「第3回淡水ガメ情報交換会」の内容はこちら。

第一回淡水ガメ情報交換会
▲2014年12月に開催された「第2回淡水ガメ情報交換会」の内容はこちら。

第14回日本カメ会議&ニホンイシガメシンポジウム
▲2012年12月に開催された「第14回日本カメ会議&ニホンイシガメシンポジウム」の内容はこちら。