生態工房とは活動について参加する支援する
ニホンイシガメ応援団



  当会が管理に携わっている都立光が丘公園バードサンクチュアリ池と、都立石神井公園三宝寺池には、ニホンイシガメという日本固有のカメが生息しています。ニホンイシガメは、その名前の通り日本人に親しまれてきたカメでした。しかし近年、外来種による圧力や、生息環境の悪化によりニホンイシガメは数を減らしています。

 そこで、ニホンイシガメの生息環境の保全と回復を進めるために、「ニホンイシガメ応援団」を結成しました。 皆さまからの支援金をもとに、ニホンイシガメやカメを取り巻く在来生物が生息できる環境の維持・再生を行います。

 あなたもニホンイシガメのサポーター(応援団員)になって、保全活動を支えませんか?
※この活動は、野外に生息しているカメを“里子カメ”として見守りながら、保全活動をサポートして頂くものです。
カメの飼育や提供は行いません。 

<スピンオフ企画!>公園deカメウォッチング!
あなたの里子カメに会えるかも!?ぜひご参加ください!

上記画像をクリックすると、PDF(約1.7MB)が開きます。開催は、以下の通りです。詳しくはPDFをご覧ください。

●2016年5月15日(日) 都立石神井公園 ●2016年6月11日(土)10:00-13:00 都立光が丘公園





◆サポーターになるには…
◆ニホンイシガメってどんなカメ?
◆なぜ保護が必要なの?
◆サポーター制度のしくみ
◆寄付金の使途




 ニホンイシガメ一匹につき、一口3000円からサポーターになることができます。
 サポーター期間:4月〜翌年3月の1年間(1年更新制)。
 
※このプログラムは、皆様がイシガメを引き取って育てるものではありません。



★サ ポ ー タ ー に な る と★

  自然界で暮らすカメを身近に感じられるような、心温まるものが届きます。


●初回登録時:応援団員証およびサポーター証明書を発行します。

  
▲サポーター証明書
里子カメのプロフィールや、写真がいっぱいつまった証明書です。
年度更新の際には「応援団員証」を発行!


●年1回、ニュースレター「まごがめ便り」を送付します。

     
▲ニュースレター「まごがめ便り」
内容は・・・里子カメの確認・成長状況のご報告、外来種防除や生息地の保全作業のご報告などなど。
里子カメが何回見つかって、どれくらい大きくなったか、お楽しみに♪


応援できるニホンイシガメの一覧はこちら。
サポーター(応援団員)の申し込み先はこちら。

▲ページのトップへ

▲ページのトップへ


★二頭以上のカメのサポーターとして申し込みたい場合は、お手数ですが1頭ずつメールをお送りいただくか、申し込みたいカメの番号と口数を最後の自由記載欄にご入力ください。

振り込み方法は【銀行振込】【郵便振込】【Paypal(クレジットカード)決済】の3種類からお選びいただけます。
 Paypal決済・・・収納代行会社Paypalのホームページを介して、クレジットカードでお手軽に支払いができます。手数料はかかりません。
 銀行振込、郵便振込・・・当方で申し込みメール確認後、合計金額や詳細な振込先等をメールでお知らせします。振り込み手数料はご負担ください。
※メールの返信には3〜4日かかることがございます。万が一、一週間経過しても返信がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、下記の宛先までお問い合わせください。yahooメールやhotmailをお使いの方は、迷惑メールフォルダもご確認下さい。



疑問・質問等ございましたら、以下の宛先までお問い合わせください。
認定NPO法人生態工房 「ニホンイシガメ応援団」
Mail : eco@eco-works.gr.jp
TEL&FAX : 0422-27-5634
積水ハウス当プログラムは積水ハウスマッチングプログラムの会より2015年度に助成を受けています。
▲ページのトップへ