生態工房ロゴ 生態工房とは活動について参加する支援する
光が丘公園バードサンクチュアリ 行事案内
▼どんな場所? 
光が丘バードサンクチュアリ
▼自然や行事の最新情報はこちら! 
バードサンクチュアリのブログ

 ▼集合場所詳細  ★要予約イベントは開始10分前までに受付をすませてください
都立光が丘公園
バードサンクチュアリ
都立光が丘公園
観賞池
雨天中止 雨天実施

※イベントへの申込に際しては「イベント参加にあたってのお願いと注意事項」をご確認ください。

◆のぞいてみよう、池の中
 2022年5月22日(日)、9月11日(日)
 11:00〜15:00

 12月10日(土)
 11:00〜14:30

 
 「光が丘1日水族館」


集合場所 対 象 料金    

時間内に
ご自由にお越しください
無料    

内容:バードサンクチュアリ池で捕れた生きものを展示します。
池には何がすんでいるの? かいぼり後、どう変わった? スタッフが解説します。
★バードサンクチュアリに隣接する観賞池付近で実施予定です。詳しい場所は現地ポスターをご覧ください。



◆四季折々の自然をみつけよう!
 10月30日(日)、12月25日(日)、
 2023年1月22日(日)、2月19日(日)
 9:30〜11:30
 ※開始10分前までに受付をすませてください
  
 
 「光が丘公園 自然観察会」 
 
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
9:20までに

どなたでも
(小学3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各日40名

持ち物:マスク、あれば双眼鏡
内容:講師のガイドで光が丘公園を歩き回り、鳥や虫、植物などを観察します。
四季折々の自然を、自分の足でみつけに行きませんか?

<予約制イベントです>
12月の回は申込受付中です。
1月の回は12月22日(木)より、2月の回は1月19日(木)より申込を受付いたします。


※イベントへの申込に際しては「イベント参加にあたってのお願いと注意事項」をご確認ください。
受付時間は平日の10:00〜19:00です。申し込みフォーム、または電話、FAX、メールで生態工房サンクチュアリ係宛にお申し込みください。開園日に、直接バードサンクチュアリスタッフへ申し込みもできます。
 必要事項:参加される方全員のお名前・年齢とご住所、代表者のご連絡先(メールアドレス、電話番号)





<お問い合わせ>
認定NPO法人 生態工房 事務局     Eメール:eco@eco-works.gr.jp   TEL&Fax:0422-27-5634



◆光が丘のカメラマンによる、生きもの写真が一堂に!
 10月29日(土)〜2023年1月14日(土)   
 公募写真展 
  「光が丘の生きものたち」
 
場 所 対 象 料 金    
開園時間中に
ご自由にご覧ください
無料    

内容:光が丘公園で野鳥や生きものの撮影をしている皆さんによる、公募写真展。
さまざまな野鳥や生きものの姿をご覧ください。

現在、グランプリを決めるための投票を受け付けています。あなたのお気に入りの写真を教えてください!
詳しくは現地にて。

作品はチャリティー販売しています!
予約は先着順にて受付中です。 ※お渡しは写真展終了後になります。

タグを付けて参加する「インスタ会場」もあります。こちらはまだまだ作品募集中です!



◆冬を越す生きもの探しや、落ち葉プール遊びも!
 12月4日(日)、17日(土)、
 2023年1月15日(日)
 10:00〜12:00
 ※開始10分前までに受付をすませてください
 まもろう練馬の草はら 
    「ワクワク落ち葉かき」

積雪時も中止
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
12月4日と12月17日は


1月15日は
光が丘公園カントウタンポポ自生地
(地図はコチラ)
どなたでも
(小学3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各日20名

持ち物:飲み物、長ズボン、あれば軍手(貸し出しも可)、手ぬぐいや帽子など、マスク
     ※落ち葉かきをします。軽く作業できる服・靴でお越しください。
内容: 降りつもった落ち葉をどけると、地面に日光が当たるようになり、春にたくさんの花が咲きます。
また、ススキは栄養のない土を好むので、肥料になる落ち葉を取り除くと、よく育つようになります。
みんなで、原っぱに降り積もった落ち葉を集めましょう!

 12月4日、17日は「すすき原っぱ」で落ち葉かき!
 練馬区最大の草はら「すすき原っぱ」を守るために落ち葉かきをします。
 1月15日は「カントウタンポポ自生地」で落ち葉かき!
 今では数少ない在来種カントウタンポポを守るために落ち葉かきをします。 共催:光が丘カントウタンポポのなかま

<予約制イベントです>
※11月4日(金)10時より申込を受付いたします。
受付時間は平日の10:00〜19:00です。申し込みフォーム、または電話、FAX、メールで生態工房サンクチュアリ係宛にお申し込みください。開園日に、直接バードサンクチュアリスタッフへ申し込みもできます。
  必要事項:参加希望日、参加者全員のお名前・年齢・ご住所、代表者のご連絡先(メールアドレス、電話番号)



<お問い合わせ>
認定NPO法人 生態工房 事務局     Eメール:eco@eco-works.gr.jp   TEL&Fax:0422-27-5634



  
<<以下、終了したイベント>>


◆練馬にはどんなカメがいるのかな?
 2022年8月20日(土)〜10月15日(土)   
 企画展示 
  「見たことある?ニホンのカメ
 
  希少種ニホンイシガメのくらし事情」
 
場 所 対 象 料 金    
開園時間中に
ご自由にご覧ください
無料    

内容:サンクチュアリにすむカメってどんなカメ? 彼らを取り巻く環境・脅威とともに紹介します。



◆原っぱに入って、フワフワの「ススキミミズク」を作ろう!

 2022年10月9日(日)
 10:00〜12:00、13:30〜15:30
 ※開始10分前までに受付をすませてください
  

 
 「秋の昆虫観察
     & ススキミミズク作り」

雨天時は10/16(日)に延期
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
9:50、13:20までに

小学生以上向け
(3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各回20名

持ち物:完成品を入れるレジ袋、マスク、
あれば軍手(貸し出しも可)、原っぱに入るので長ズボン、長袖の服がオススメ☆(草で切り傷ができます)
内容:バードサンクチュアリの向かいにひろがる「すすき原っぱ」では、秋になるとススキがフワフワの穂を出します。
特別に原っぱに入って、バッタやカマキリを観察し、ススキの穂を採ってミミズクのおかざりを作りましょう。



◆夜のサンクチュアリで生きもの探し!
 2022年7月24日(日)、31日(日)
 8月7日(日)、14日(日)、21日(日)
 16:00〜21:00
 
 夏は涼しく 「夜開園」 
 (16時以前は閉園しています)

集合場所 対 象 料金    

開園時間中に
ご自由にお越しください
無料  

内容:本年は年5回の、サンクチュアリの夜間開園。16時〜21時まで開園しています。
空が暗くなり始めると、池の上をコウモリが舞い、虫たちが明かりや樹液に集まります。
夏の夜、涼しいサンクチュアリをお楽しみください。

<特別解説>(無料、雨天中止)
◎「街のコウモリ」 日によって開催時間が変わります。
… 街で見られるコウモリのお話です。空飛ぶコウモリを観察します。
    7月24日 … 19:30〜
    7月31日 … 19:25〜
    8月 7 日 … 19:20〜
    8月14日 … 19:10〜
    8月21日 … 19:00〜
 
<特別企画>(無料、雨天中止)
◎「樹液にくる虫」 17時以降20時まで、自由に観察できます。
 …特別にサンクチュアリの保護区に入って、樹液の出る木に来た生きものを観察します。
    見学ルートに沿って自由に観察してください。
    ※生きものを捕まえることはできません。
 


◆四季折々の自然をみつけよう!
 2022年7月30日(土)、8月11日(木・祝)
 18:00〜20:00
 ※開始10分前までに受付をすませてください
  
 
 「光が丘公園 夜の自然観察会」 
 
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
17:50までに

どなたでも
(小学3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各日40名

持ち物:マスク、あれば双眼鏡、足元を照らすライト、虫よけ、飲み物、帽子
内容:講師のガイドで光が丘公園を歩き回り、鳥や虫、植物などを観察します。
四季折々の自然を、自分の足でみつけに行きませんか?



◆サンクチュアリの水辺を探検!
 2022年7月16日(土)、8月13日(土)
 9:30〜12:00
 ※開始10分前までに受付をすませてください
  
 
 「光が丘 水辺の生きもの教室」 

雨天決行、荒天中止!
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
9:20までに

小学生以上
(1〜3年生は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各日30名

持ち物:濡れてもよい靴(かかとのないもの・サンダルは不可)、着替え、帽子、飲み物、タオル、マスク
内容:毎年、大人気のイベント! いつもは入れない保護区に入って、仕掛けてあるワナを回収し、池にすむ生きものたちを観察します。まぼろしのニホンイシガメや、スッポンに会えるかな?
(当日はミニ水族館として、池の生きものを観察舎に展示します。ミニ水族館はご自由にご覧いただけます。)



◆カイツブリって、どんな鳥?
 2022年5月21日(土)〜8月6日(土)   
 企画展示 
  「カイツブリ展」
 
場 所 対 象 料 金    
開園時間中に
ご自由にご覧ください
無料    

内容:サンクチュアリ池で、毎年子育てをしているカイツブリ。
どこにどんな巣をつくるの? 何を食べているの? 彼らの暮らしぶりに迫ります。



◆草を編んで練馬の伝統七夕かざりをつくろう!
 2022年7月3日(日)
 10:00〜12:00、13:30〜15:30
 ※開始10分前までに受付をすませてください
 
 「練馬の伝統的七夕講座
    ちゃが馬を作ろう」

雨天決行
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
9:50、13:20までに

小学生以上向け
(3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
20名

持ち物:
あれば軍手(貸し出しも可)、マスク、
原っぱに入るので長ズボン、できれば長袖の服(暑いけど葉っぱで腕を切らないために!)
内容:練馬には、旧暦の七夕に五穀豊穣、無病息災を願って「チガヤ」という植物で馬の飾りものを作る風習があります。
バードサンクチュアリの向かいにひろがる「すすき原っぱ」に分け入って、材料になるチガヤなどを取りに行き、一緒に「ちゃが馬」を作りましょう!

※小さいお子さんには少々難しい工程があります。ぜひ親子でいらしてください! おとなの参加も大歓迎!



◆四季折々の自然をみつけよう!
 2022年4月24日(日)、5月29日(日)
 9:30〜11:30
 ※開始10分前までに受付をすませてください
  
 
 「光が丘公園 自然観察会」 
 
集合場所 対 象 参加費 定 員 予 約
9:20までに

どなたでも
(小学3年生以下は保護者同伴)
1人500円
(保険料込み)
申込先着順
各日40名

持ち物:マスク、あれば双眼鏡
内容:講師のガイドで光が丘公園を歩き回り、鳥や虫、植物などを観察します。
四季折々の自然を、自分の足でみつけに行きませんか?



◆知るともっと楽しい、ヒキガエルのひみつ!
 2022年2月13日(日)〜5月7日(土)   
 企画展示 
  「ヒキガエル展」
 
場 所 対 象 料 金    
開園時間中に
ご自由にご覧ください
無料    

内容:早春、まだ寒い時期に水辺にやって来て卵を産むヒキガエル。
でも、普段はどんな生活をしているの? これを知れば、ヒキガエルのことをもっと好きになるかも。


           
▲ページのトップへ